<< 【タイ】町をぷらぷら。 (バンコク) | main | 【タイ】チャイナタウンへ繰り出そう (バンコク) >>

スポンサーサイト

2009.02.24 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています


←楽しんでいただけましたら、クリックお願いします!
  • 2009.02.24 Tuesday
  • -
  • -

【タイ】カンボジアビザ取得でてんやわんや。 (バンコク)

2005.01.24 Monday

今日は朝からカンボジアビザを取得するため、カンボジア大使館へ向かった。うちが今とまっているカオサンあたりから約30分のところに大使館がありました。すでにもう多くの人が並んでいて、うちもそそくさとビザを取得するため一緒にいったモグモグさんに色々聞きながらも申請用紙を記入する。入国するルート、出国するルート、入国する日を書く欄があるもんで、出国ルートや入国する日程を正式に決めていなかったうちは「記入した日に入国しなくてはならないのですかね?」っときくとそんなことはないらしい。結構適当なものらしい。おばけ

さて記入したし受付に並んでいると、インフォメーションのところに「2 PHOTO 、2 PASSPORT COPY、 2 FORMAT」と書いてある。げっ?!申請書は一人につき二組必要とのこと。パスポートのコピーをひとつしか持っていなかった私と写真を一つしか持参していなかったモグモグさんはお互い「ががががーん。」っと思いながらも急いでパスポートのコピーをとりに外へでる。

軒下で休憩していたバイクタクシーのおっちゃんたちに「フォトコピー?」と場所を聞いてみると「あっちだ、あっち」と指をさしてくれたのでそっちに向かってみるけど先には大通りがあるだけで、写真を撮る施設などありそうにない。近くで探すのをあきらめ、二人で伊勢丹のあるセンタープラザまでバスで戻ることにした。

インフォメーションセンターで場所を聞き、早速写真館を発見。うちも念のためにということで8枚撮りの写真を作ってもらった。料金は60バーツ。この料金はモグモグさん談によるとなかなか安いとのこと。面白かったのはその写真はデジカメだったんだけど、撮影してくれたお姉さんがフォトショップなどのソフトを使用して画像の修正をしてくれたこと。
パソコンの場面がお客様に見えるようになっていて(わざとかしら?)肌の色の補正とかしてくれたおかげでちょっとやつれ気味のうちの顔は、少し血色よく映っていた。日本では裏方の作業をお客様に見せないだけに、見てて面白かったのでした。写真はさらに8枚に丁寧に切ってくださったし、なんとも親切な写真館だったわ。

11:30、パスポートのコピーをとった後、大慌てでカンボジア大使館へ戻った。受付は12:00ということで、大使館の中は依然として申請する人たちの長い列が続いていた。私たちの前には卒業旅行で東南アジア4カ国を回る女の子二人組みがいた。25日間でタイ、カンボジア、ベトナム、ラオスと回り、バンコクから出国するとのこと。私と同じルートだわっ、と同時に、卒業旅行という言葉を聞いて2年前のタイ・インド卒業旅行を思い出していた。

申請は無事終わり、受け取りは17:00〜18:00ということでそれまで伊勢丹のあるセンタープラザで時間をつぶすことにした。立派なデパートを見ても大して買い物はないので、ちょっと先にあるスクエアに行ってみたが、これまた若者のショッピング街という感じだったのですぐまた舞い戻ってきた。ずっと歩き回っていたので、ミスドでほっと一息つくことに。バンコクのミスドにもあの大ヒット商品「ポン・デ・リング」があったのだけど、それをタイ人向けに合わせただろうと思われる商品があった。「ポン・デ・ミント」(緑色)、「ポン・デ・チェリー」(赤色)、「ポン・デ・オレンジ」(オレンジ色)ともう一つ(忘れた)「ポン・デ・リング」の形をしたドーナッツの上にそれぞれ着色料いっぱいのコーティングがたっぷりついていた。
彩りはよいのだけれどあまりおいしくなさそうだ・・・。
勇気がなく、食せず。

16時半になり、カンボジア大使館へパスポート受け取りに向かった。数人の人がゲート前で待っており、門は17:15頃開いた。みんな列になり、順番をまっていると後ろのほうにいたロシア人の女性が、前のほうにいるガイドと思われるお兄さんに話しかけていた。それを見たうちの隣にいたイギリス人の兄ちゃんがすかさず言った。「おい、割り込むなよ。」そう、このホットピンクのタンクトップを着たロシア人女性は、ガイドの兄ちゃんに色々聞くふりしてその兄ちゃんと一緒にパスポートを受け取ろうとしていたのです!
でもそのロシア人のお姉さんはその人の言うことを一向に聞く様子がない。
それどころか、列の後ろのほうにいた黒人のおっちゃんもロシア人女性と一緒になりパスポートを受け取ろうと試みていた。

それみた後ろのおじさんが怒鳴った。「みんな列にならんでいるんだから、お前も並べ!」漸く二人は列に戻ったのだが、印象的だったのは隣の兄ちゃんがこぼした一言。「これだからロシア人は・・・。」旅人の中でイスラエル人の旅行者のマナーの悪さは有名だけど、ロシア人もマナーの悪さで有名なのだろうか?まぁそもそもロシアの旅行者にあまり会ったことないからなんともいえないけど。

そんなこんなこともあったけど、うちは無事ビザを取得することができました。新しいパスポートの二ページ目には真新しいカンボジアのビザがぺとっとくっつけられていて、なんだか嬉しかった。今日の仕事は終わった、終わった、早く帰りますかということで、宿にもどるためバスを待っているみる。でも10分、20分・・・30分待っても目的のナンバー15のバスは来ない。他のナンバーのバスなんて無意味に二個続きで到着したりするのに、目的のバスだけ待っても待っても一向に現れない。

「おかっしなぁ」

で、あまりにもこないのでここはとりあえずご飯を食べることにした。道路の向かい側に屋台が数軒あったので、そこに行ってみると日本でいう屋台居酒屋のようなところがたくさんあって、仕事帰りの人たちが食事をつまみながら談話していた。私は「フィッシュ、フィッシュ」を何度も連呼するおっちゃんのところでご飯の上にぶっかけえび野菜炒めを食べた。味が少し薄かったけど、なかなかおいしかったのでした。


屋台の様子。

さて、食事が終わり、二人で気を取り直してまたバス停に戻ってみる。10分、15分・・・バスは一向にこない。
「ご飯食べているときも着た様子がなかったよね。」
「なかったよね。」
「もう他のバスに乗って乗り継いで帰るかね・・・」
「そうしますかね。」
お互いちょっと諦めモードが入っていたそのとき、奇跡が起きた!(おおげさな。)バスが来たのですよ、真っ赤な15番のバスが。もう諦めかけたころに登場したので、二人でたいそう喜んだのでした。

宿に無事到着。カンボジアビザ取得は大イベントだった。
JUGEMテーマ:タイ

←楽しんでいただけましたら、クリックお願いします!

スポンサーサイト

2009.02.24 Tuesday


←楽しんでいただけましたら、クリックお願いします!
  • 2009.02.24 Tuesday
  • -
  • -
プロフィール

名前:ひとみ
出身:大阪府
趣味:旅、曲作り。

自己紹介:
今まで訪れた国々はアメリカ、中国、インド、ペルー、ボリビア、チリ、タイ、ベトナム、ラオス、カンボジア、トルコ、エジプト、モロッコ。1ヶ月〜2ヶ月ぐらいかけて巡ってます。

カレンダー(旅した日)

【2005年1月】

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

【2005年2月】

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     

【2005年3月】

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最新記事
コメント一覧
  • 【ラオス】値段交渉は難しい (チャンパサック〜ドン・デット)
    Heidi (04/02)
過去の記事
国別カテゴリー
リンク
サイト内検索
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM